公益財団法人 日本呼吸器財団:呼吸器疾患の病態解明・研究推進、啓発活動


公益財団法人 日本呼吸器財団
平成31年度研究助成のご報告

気管支喘息とCOPDの合併病態に焦点を当てた慢性気道疾患患者の包括的前向きコホート研究

研究代表者 北海道大学大学院医学研究院 内科学分野・呼吸器内科学教室・教授 今野 哲 先生

受賞コメント

前向き観察研究は、医師のみでの遂行は困難であり、多職種の協力と資金により成立し、その継続は容易ではありません。近年は、世界的に認められる結果を出す為には、症例数の多さも必要条件であると思っております。医学研究が、薬剤を中心とする臨床治験が主流となっており、基礎研究、トランスレーショナル研究、前向き観察研究の立ち位置を懸念しております。喘息、COPDを広く含む、慢性気道疾患の個別化治療に向けた礎を築くために、大学病院の診療科及びその関連施設を中心とした本臨床研究の継続に邁進する所存です。

ご寄附をお考えの方
当財団へのご支援は
とてもかんたんです。

詳細はこちら