公益財団法人 日本呼吸器財団:呼吸器疾患の病態解明・研究推進、啓発活動


公益財団法人 日本呼吸器財団
COVID-19関連研究助成のご報告

Radiomics解析による新型コロナウイルス関連肺炎の予後予測モデルの構築

研究者 千葉大学大学院医学研究院 難治性呼吸器疾患・肺高血圧症研究講座 特任准教授 川田 奈緒子 先生

受賞コメント

2021年10月現在、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の世界的な流行はいまだ収束の兆しが見えません。COVID-19の重症度は軽症から重症までの4段階に大別されますが、重症化が見込まれる症例を早期に検出することは、限られた医療資源の適切な使用ひいては患者さんの救命につながるため、その診断法の確立は喫緊の課題です。今回、私たちは、内科、放射線科、医工学の分野から協働し、COVID-19関連肺炎の経時的な胸部画像から重症度診断における精度の高い画像特徴量とその変化量を導き出し、深層学習を用いた網羅的解析を行うことで、最適な予後予測モデルを構築することを目指します。成果を早期に医療現場にフィードバックするとともに、普遍性の高いアプローチの構築を目指す所存です。

ご寄附をお考えの方
当財団へのご支援は
とてもかんたんです。

詳細はこちら