公益財団法人 日本呼吸器財団:呼吸器疾患の病態解明・研究推進、啓発活動


公益財団法人 日本呼吸器財団
COVID-19関連研究助成のご報告

日本人におけるSARS-CoV2ワクチンによる獲得免疫応答の包括的解析

研究者 順天堂大学医学部 免疫学講座・准教授 千葉 麻子 先生

受賞コメント

新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)mRNAワクチンの有効性は世界的に示されています。しかし、ワクチン接種により誘導される免疫記憶はどの程度の期間継続するのか、変異株SARS-CoV-2に対する獲得免疫応答は十分得られるのか、さらには免疫抑制剤治療中でも免疫記憶は十分に誘導されるのか、など多くの問いが残っています。ワクチン接種により誘導された抗体はウィルスの細胞への侵入を阻害します。一方、T細胞はB細胞の抗体産生細胞への分化誘導、および貪食細胞の活性化や感染細胞の傷害を介して感染制御において重要な細胞性免疫応答を担います。そのためワクチン接種による獲得免疫を評価するには、抗体に加えT細胞の免疫応答を調べることが重要となります。本研究は、SARS-CoV-2ワクチン接種により誘導される免疫記憶を包括的に解析することにより、今後のワクチン戦略や感染予防に重要な情報を得ることを目標としています。

ご寄附をお考えの方
当財団へのご支援は
とてもかんたんです。

詳細はこちら