公益財団法人 日本呼吸器財団:呼吸器疾患の病態解明・研究推進、啓発活動


公益財団法人 日本呼吸器財団
COVID-19関連研究助成のご報告

多層的オミクス解析によるCOVID-19重症化の病態解明

研究者 大阪大学医学部 呼吸器/免疫内科・特任助教 川﨑 貴裕 先生

受賞コメント

ワクチンの普及や治療薬開発をもってしても、いまだに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は全世界で蔓延し、医療現場のひっ迫状況は深刻です。COVID-19患者の大半は軽症で収束するので、重症化を事前に予測できる診断マーカーがあれば、重症予備群に注力した経過観察が可能となり、限られた医療資源を有効活用できます。近年、次世代シークエンサーや質量分析器などの技術の飛躍的な進歩により、ゲノム・エピゲノム・トランスクリプトーム・プロテオーム・メタボロームなどの網羅的解析(オミクス)によるビッグデータから生命現象の全体像を捉える試みが盛んになってきています。そこで本研究では、そのようなマルチオミクスを活用してCOVID-19肺炎重症化のメカニズムに迫り、重症化予測に有用な画期的バイオマーカー探索および病態解明に挑戦していきたいと考えております。

ご寄附をお考えの方
当財団へのご支援は
とてもかんたんです。

詳細はこちら