公益財団法人 日本呼吸器財団:呼吸器疾患の病態解明・研究推進、啓発活動


公益財団法人 日本呼吸器財団
COVID-19関連研究助成のご報告

2光子生体イメージングで解明するCOVID-19の病態メカニズム

研究者 東京大学医科学研究所 ウイルス感染部門・特任研究員 植木 紘史 先生

受賞コメント

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19)の世界的流行が続いています。COVID-19症例の多くは軽い呼吸器症状でおさまりますが、高齢者や基礎疾患を有する方などは重度のウイルス性肺炎を併発して重症化し、死に至ることも少なくありません。COVID-19病態の全体像を理解するためには、SARS-CoV-2感染個体における感染から重症化、あるいは回復に至るまでの体内で起きている様々な生理学的事象を可視化して解析する必要があります。私たちはこれまでに、2光子励起顕微鏡を用いた生体イメージングシステムの開発に成功したことで、感染動物を高解像度で観察し定量化解析が可能な実験系を確立してきました。本研究では、2光子生体イメージングシステムを駆使して、SARS-CoV-2感受性動物における免疫細胞の役割を解析しCOVID-19肺炎の病態解明を目指します。

ご寄附をお考えの方
当財団へのご支援は
とてもかんたんです。

詳細はこちら